オンラインカジノゲームはどれをプレイするべきなのか?カジノゲームを紹介します

オンラインカジノには数千種類のカジノゲームが揃っていて、自分で選んで自由に遊ぶことができます。ただ、初めてカジノゲームをやってみたいという方には、カジノ ゲーム 種類が多すぎてよくわからないと思いますので、今回はカジノで遊べるカジノゲームを紹介していきたいと思... Show more

オンラインカジノには数千種類のカジノゲームが揃っていて、自分で選んで自由に遊ぶことができます。ただ、初めてカジノゲームをやってみたいという方には、カジノ ゲーム 種類が多すぎてよくわからないと思いますので、今回はカジノで遊べるカジノゲームを紹介していきたいと思います。ギャンブル 種類はたくさんありますが、勝つためには自分でもできそうだな、と思えるようなカジノゲームを選ぶことが大切です。今回の解説をみて自分に合いそうなカジノ 種類を見つけてください。

Show less
hero-hook

ウェルカムボーナス

出金条件なしのキャッシュバック
今なら最高$450まで
をお楽しみください
今すぐ登録
1
CasinoSecretに無料

で登録

2
最高$450までキャッシュバック

初回入金金額の最大50%

3
随時開催中のライブトーナメント

をお楽しみください

筆者:
高橋裕樹
ポジション:
オンラインカジノエキスパート
最終更新日:
22.11.2019

カジノゲームの種類

カジノゲームの種類ですが、今回はスロットマシン、テーブルゲーム、ライブカジノで解説していきます。人気のギャンブル 種類のカテゴリなので、まずはこの3つの大まかな違いから掴みましょう。

今すぐ登録

カジノゲームの種類:スロットマシン

スロットマシンはリールをスピンさせて絵柄が揃うとボーナスや配当がもらえるカジノゲームです。元々はコインを入れる部分を「スロット」と呼んでいたので、ビデオスロットもビデオポーカーもすべてスロットマシンと呼ばれていました。コインを入れて遊ぶスロットマシンはアメリカの南北戦争以降のことで、当時は競馬のゲームになっていました。現在のスロットマシンの形になったのは1898年にアメリカのサンフランシスコにいたチャールズ・フェイが作った「カード・ベル」という機械です。今と同じように当たり判定や配当を全自動で行う画期的な機械でした。これを発展させたのが「リバティ・ベル」が全米を席巻するようになりました。この当時に使用されたフルーツシンボルやベルのシンボルは今でもスロットマシンに使用されています。現在はオンライン ゲーム カジノでビデオスロットが主流です。オンラインカジノスロットのビデオスロットというのは単にリールが回るだけのシンプルなスロットマシンとは違い、様々な演出や、ダイナミックなムービーやグラフィックスがあるスロットマシンのことです。映画や空想の世界をテーマにしていて、シンボルやあたりの時の演出もダイナミックでワクワクするようなものが用意されているので、テレビや映画やゲームのような楽しみを味わうことができるようになっています。とくにMicrogaming、NetEntといった大手ゲーム開発会社のゲームは非常に高いクオリティなので、ぜひ一度試してみてください。スロットマシンはリールを止めて当たり判定をするゲームですが、ビデオスロットではちゃんと公平になるようにランダムジェネレーターという乱数発生装置が義務付けられていて、第三者の監査の対象にもなっています。

 

カジノゲームの種類:テーブルゲーム - ルーレット

カジノ ゲーム 種類であるテーブルゲームには大きく分けてカードを使うものと、それ以外があります。まずはそれ以外の代表のルーレットを紹介します。

ルーレットは回転する円盤に球を投げて、落ちる場所を予想するカジノゲームの一つです。カジノの女王と呼ばれていてギャンブル 種類の中でも最も人気があるカジノゲームの一つです。ルーレットは17世紀のイタリアでオカと呼ばれるルーレットの原型のようなゲームがあり、賭け金を置くテーブルのレイアウトは、1655年に哲学者であり物理学者でもあるパスカルが考案したと言われています。19世紀初頭にフランスで現在の形が完成して、小さな輪を意味するフランス語がそのままゲームの名前にになりました。ゲームの遊び方を説明します。まずディーラーがベルを鳴らして賭けの開始をプレーヤーに伝えます。プレーヤーがベットを行います。これと並行してディーラーが回転盤を回転させてボールを回転方向とは逆の方向に投げます。しばらくするとディーラーが「ノーモアベット」と宣言します。これ以降プレーヤーはベットできません。ボールが落ちた場所をディーラーが確認して、ベットの回収と配当を行います。基本的にレイアウトの好きな場所に賭ければあとはディーラーがやってくれるので特に何かを覚えたり考えたりする必要もなく、初心者でも気軽に遊べます。レイアウトはどのテーブルもほぼ同じようになっています。簡単な赤か黒かとか奇数か偶数かを当てる場所から、1目賭けと呼ばれる特定の数字の上に賭けるほうほうまで様々な賭け方がありますので、これからプレイしてみたいという方は確認しておくことをお勧めします。

今すぐ登録して$450キャッシュバックをお受け取りください
初回入金額の半額
今すぐ登録

カジノゲームの種類:テーブルゲーム - シックボー

次は、サイコロを使うテーブルギャンブル 種類です。

シックボーというのはサイコロを3つ使って出る目を予想するゲームです。別名大小(タイサイ)とも呼ばれます。古代の中国で生まれて東南アジアに広がり、ヨーロッパに伝えられたそうです。日本でも時代劇などで丁半博打のシーンが出てくるので日本でも馴染み深いゲームの一つです。遊び方はルーレットと同じように出る目のテーブルがあるので、かけたい場所にチップをベットします。倍率は最高で150倍を狙えます。簡単なかけ方は大小で、4-10なら小、11-17なら大という賭け方があります。ルーレットの赤黒や奇数偶数と同じなのでわかりやすいですね。アジアで人気のあるゲームで、シンガポールやマカオで遊べますが、今はオンラインカジノのカジノゲームとしても人気があります。

カジノゲームの種類:テーブルゲーム - クラップス

クラップスはシックボーと同じようにサイコロを使って出る目を予想するゲームです。もともと12世紀ごろに中東で流行っていたゲームがヨーロッパで広がったそうです。シックボーと違う点としてサイコロを2つ使いますが、サイコロを投げて出た目で勝ち負けを決めるのは基本的に同じです。このクラップスも、テーブルゲーム オンラインで人気のゲームです。では基本的なゲームのルールを説明します。最初にシューターがサイコロを振ります。これをカムアウトロールと呼びます。この時に711が出ればナチュラルとかウィンといって、投げたシューターの勝ちになります。逆に2,3,12が出てしまうとクラップスと呼ばれてその場でシューターの負けになります。他の目の場合はその出た目をポイントとして記録しておいて、シューターを交代します。このシューターが投げた時にポイントと同じ数字が出ればシューターの勝ちですが、7が出るとセブンアウトと呼ばれてその場で負けます。それ以外の場合はまた交代しながら進めていきます。最終的に7がでれば勝負が決まります。このクラップスにもルーレットやシックボーと同じように賭けるテーブルが用意されていて、最初だけかけられるパスライン、カムアウトロールより後に賭けることができるカムなど、いろいろな賭け方があるので、興味のある方はぜひ調べてみてください。

カジノシークレット を始めるための登録の流れ 3ステップ

ここではカジノシークレットを始めるための簡単な登録の3つの流れを紹介します。

1.
アカウントを作成する
まずはカジノシークレット でアカウントを作成しましょう。自分のメールアドレスとクレジットカードだけ準備しておけば簡単です。ウェブサイトのここから登録ボタンをクリックするとアカウントの作成画面になるので必要事項を入力します。日本語でOKです。
2.
カジノシークレット に入金する
登録が終わったら次は入金です。カジノシークレット のウェブサイトからログインして入金ボタンを押すと入金の画面に移動します。カジノシークレット には様々な入金方法が用意されていますが、クレジットカードならクレジットカードの情報を入力して入金金額を選択するだけ。これで完了です。
3.
遊ぶ
入金が終わったらあとは遊ぶだけです。自分の好きなカジノゲームを選んでたっぷり楽しみましょう。初回入金ボーナスもあるので忘れずに登録しておきましょう。
今すぐ登録

カジノの歴史

もともとカジノと言う名前は、イタリア語で小さな家と言う意味です。昔は王様や貴族が郊外の大きなビラにお客さんを招待して接待したことがカジノの始まりです。接待の中で遊んでいたゲームが今のカジノゲームとして遊ばれています。今でもカジノのことをハウスト呼んだり、カジノ側の取り分のことをハウスエッジと呼びます。これは王様や貴族たちの家、ハウスの取り分と言うことに由来しています。

初回入金キャッシュバック
【全ゲーム対象】初回入金の半額を   最高$450までお返しいたします
インスタントキャッシュバック
2回目のご入金から有効 瞬時にもらえてすぐに出金可能!

カジノゲームの種類:カードゲーム - バカラ

次のカジノ 種類はカードゲームです。カジノ カードゲームには様々な種類があるのですが、今回は人気のあるカジノ カードゲームを紹介していきます。

バカラ カジノは世界的に人気のあるカジノ カードゲームの代表の一つです。元々は1400-1500年代からヨーロッパで流行し始めたと言われるカードゲームが発展して19世紀ごろにアメリカに渡り、現在のルールに洗練されて今に至っています。歴史のあるゲームです。遊び方を簡単に説明すると、仮想のバンカーとプレーヤーが向かい合っていてそのどちらが勝つのかを予想してベットして、予想が当たれば配当をもらうことができます。プレーヤーとディーラーには2枚ずつカードが配られてその合計が9に近い方が勝ちます。もちろん自分がプレーヤーとしてそこに参加しているわけですが、賭けはあくまでもバンカーとプレーヤーのどちらが勝つかにかけるので、大相撲を観戦してどちらが勝つのかを予想しているようなものです。バカラ カジノは歴史が古いこともあって昔から様々な戦略が編み出されています。パーレー方、マーチンゲール方、ウィナーズ投資法、1235法など様々な勝ち方があるので、興味のある方は調べてみてください。ちなみにバトミントンの百田選手がカジノ賭博で問題を起こしたのも、ラスベガスやダーウィンのカジノでウォーリアーとして名を馳せた日本人プレーヤー柏木昭男さんがプレイしていたのもこのバカラ カジノです。なぜカジノゲームの中でもバカラにはこうしたハイローラーたちが集まるのかというと、もともと貴族の遊びだったという伝統もあるのかVIPルームというのが用意されていて特別な人しか入れない場所でゲームをする特別感とか、8デッキのトランプがたった1時間半で終わるスピード感、勝ち負けがはっきりわかる明快さがハイローラーに人気を博している理由のようです。オンライン ゲーム カジノやテーブルゲーム オンラインにも必ず用意されているカジノ カードゲームなので、ぜひ一度遊んでみると良いでしょう。

カジノゲームの種類:カードゲーム - ブラックジャック

ブラックジャックは超有名なので知らない人はいないほどの人気のあるトランプを使ったカジノゲームです。簡単に説明するとディーラーとプレーヤーにカードを配り、カードの合計がそれぞれ21点を超えないようにしながらプレーヤーがディーラーよりも高い点数になるようにするゲームです。ブラックジャックの起源には諸説あります。15世紀イタリアで生まれた3枚のカードを使った31が元になったという説や、セブンアンドハーフという別のゲームという説、16世紀にフランスで流行したヴァンテアン(21という意味)が発展したという説があります。フランスではこのヴァンテアンが貴族の間でかなり流行して、フランス革命後のナポレオン戦争時代も兵士たちが夢中になり過ぎてしまったのでナポレオンが禁止したほどだと言われています。ブラックジャックは19世紀にアメリカに渡り、そこで現在私たちがプレイしているブラックジャックのルールが出来上がったそうです。ざっくり計算するとおよそ4-500年の歴史のある古いカジノ ゲームだということです。

遊び方を説明します。皆さんご存知かもしれませんが、ブラックジャックでは2-10の数字がその数字通りの点になり、絵札は10、Aは1または11でカウントすることができます。最初はプレーヤーとディーラーに2枚ずつカードが配られます。ディーラーのカードは1枚が表向きになるのでだれでも見ることができます。この表向きになったカードを見ながらディーラーの手を予想して、ヒットやスタンドをして勝負をします。21を超えてしまうとバストと呼ばれてその時点でプレーヤーの負けになります。ディーラーにはルールがあり、17になるまで強制的にカードを引かなくてはならず、17以上になったらヒットできなくなります。テーブルゲーム オンラインにはかならずブラックジャックのテーブルがあるので、ぜひプレイしてみてください。

Blackjack Casino

カジノゲームの種類:カードゲーム - ポントゥーン

ポントゥーンはブラックジャックとほぼ同じゲームです。2枚のカードが配れて21が最強だというのも同じです。ブラックジャックはフランスのヴァンテアンとして生まれてから各地で様々な発展を遂げたゲームです。ポントゥーンはイギリスでブラックジャックが発展したゲームになります。アメリカで確立したブラックジャックのイギリス版といえばわかりやすいかもしれません。なので内容はほとんどおなじブラックジャックです。もちろん違いがあるのでそれを説明します。

大きな違いは3つあります。まず一つ目は手札が15以上でなくてはいけないという縛りです。これはプレーヤーのカードでもディーラーのカードでも同じで、15以上になるまで強制的にカードを引く必要があります。次に、ブラックジャックではディーラーのカードは1枚めくられていますが、ポントゥーンでは2枚共裏返しのままになります。そのためおもてになっているカードから計算するというブラックジャックで使える戦略が一部使えないことになります。最後にブラックジャックにはあるインシュランスがありません。もともとブラックジャックは1枚おもてにするというルールで、それがAの場合にブラックジャックの可能性が高いことからインシュランスの意味があったのですが、ポントゥーンではそもそも2枚とも伏せられていてわからないのでインシュランスがあったとしても使いどころに困るシステムだからです。

これとは別にファイブカードドリックというものがあるので押さえておきましょう。これはバーストせずにカードを5枚にすることができたら、ディーラーの数字が何であれ、自分の数字にも関わらず勝つというルールです。

このくらい押さえておけばあとはブラックジャックと同じなので、楽しんでプレイできるはずです。興味のある方はぜひプレイしてみてください。

カジノゲームの種類:カードゲーム - ビデオポーカー

ビデオポーカーというのはモニターに表示されたトランプでポーカーを遊ぶゲームです。ゲームセンターに行ったことがある方ならメダルゲームでこのビデオポーカーを遊んだことがあるのではないでしょうか。実際にどんな機会なのかと言うと、縦型の筐体に小さめの画面が付いていて、昔のテレビゲームのような雰囲気のグラフィックでトランプが表示されています。大きめの四角いボタンが機械についていて、そこでベットとか、ホールドとか、ポーカーの手を指示していきます。ちょっとレトロな感じもしますが、ランドカジノではこういったマシンがまだ現役です。オンライン ゲーム カジノでのビデオポーカーはこの雰囲気を残しているものもありますが、ビデオポーカーは現在55種類ほどバリエーションが生まれていて、ジャックで役を作ると有利なジャックス・オア・ベターとか、ギャンブル性を高くしたボーナス・ポーカーなど色々なバリエーションがあるので興味のある方は調べてみてください。

カジノゲームの種類:カードゲーム – スタッドポーカー

スタッドポーカーはポーカーの中の一つです。ポーカーはカジノ 種類の中でも人気と知名度があるので皆さんご存知だと思いますが、一応説明しておくとポーカーというのはカジノ カードゲームの一つで、5枚のカードで役を作って勝負するゲームです。学生時代に友達と遊んだ方が多いのではないでしょうか。このポーカーには色々な種類があります。一昔前に日本で流行っていたのはドローポーカーと呼ばれるもので、カードを5枚配って中をみてからいらないカードを選んで交換してワンペアとかツーペアとかを作り、勝負して、強い役を作った人が勝つルールです。ポーカーにはこの他にも手札と場にあるカードを組み合わせて役を作って勝負するテキサスホールデムやオマハポーカー、そして後で説明するスリーカードポーカーなどがありますので、興味のある方は調べてみてください。

スタッドポーカーはドローポーカーとは違い、手札を交換することができません。まずアンティと呼ばれる場所にチップを置いて、自分が参加しますよ、という意思表示をしてから始めます。自分の札が配られるのでそれを確認してから、勝負するかしないかを決めます。当然ここでまったく役ができていない場合は勝負にならないので普通は降ります。降りるとアンティにおいてある金額は没収されます。配られたカードで役ができていて、勝負できる場合はベットに賭け金を載せます。このベットは金額にルールがあって、自由に決められないルールになっています。ベットする金額は必ずアンティの2倍で、変更はできません。プレーヤーがベットすると、ディーラーが自分の手を明かします。ここで勝負が決まります。勝負の前にディーラーが降りることもあって、その場合はアンティと同額のチップと、ベットにかけたチップが戻ってきます。ディーラーが勝負をして勝った場合は、揃った役によって倍率が違います。ワンペアだと1倍、ツーペアだと2倍、フラッシュは5倍、ストレートは4倍というように役によって決まっています。ちなみにロイヤルストレートフラッシュは100倍です。もっとも、ディーラーが勝負してくれないとどんなに高い役をつくっても、その金額はもらえないことになります。ディーラーが勝負してくれなければ基本的に上に書いた通りのアンティの2倍とベットのチップだけです。ただ、ここに特別なルールがあります。自分の手札の役が強い時は、テーブルのジャックポットにベットすることができます。この場合はディーラーが勝負を降りたとしてもロイヤルストレートフラッシュならプログレッシブジャックポットの表示額が100%もらえます。オンライン ゲーム カジノではそのほかにも様々なルールがあるので、興味のある方はぜひ調べてみてください。

 

カジノゲームの種類:カードゲーム - スリーカードポーカー

スリーカードポーカーもポーカーゲームの一つです。中国圏のカジノでは富貴三公とも呼ばれています。基本的なルールはほぼスタッドポーカーと同じですので理解しやすいです。大きな違いとしてはスタッドポーカーが5枚で勝負するのに対して、スリーカードポーカーは3枚だけ使います。基本的な遊び方としてはスタッドポーカーと同じようにまずアンティにチップを賭けておきます。ディーラーとプレーヤーそれぞれに3枚づつ配られて、ふだを確認して勝負する場合はベットに賭けます。この場合のチップはアンティと同額を賭けるのがルールです。勝負を降りる場合はカードをそのままディーラーに返します。チップはすべて没収になります。ディーラーは自分の手札にQ以上がある場合はそのまま勝負をしますが、J以下しかない場合は必ず勝負を降ります。これは強制なのでディーラーは必ずこのルールに従います。ディーラーが降りるとアンティの2倍とチップがそのまま戻ってきます。

勝つための役ですが、スリーカードは3枚とはいえ普通のポーカーとほぼ変わりません。ペア、フラッシュ、ストレート、スリーオブアカインド(スリーカード)、ストレートフラッシュというのは他のポーカーと変わりません。ただ3枚しかないのでどちらもブタ(役なし)同士になることがあるため、ハイカードで勝負が決まることが頻繁にあります。ハイカードというのは手持ちのカードを相手のカードと比較して強いカードから順番に見ていき、高い方が勝つというルールです。スリーカードポーカーではペアになる確率がおよそ17%程度に過ぎない反面、ブタになる確率が75%程度と圧倒的に高いので、ハイカードでどうやって勝つのかを考えることが重要になります。

カジノゲームの種類:カードゲーム - タイガードラゴン

タイガードラゴンはバカラを簡単にしたようなゲームです。もともとカンボジアで生まれたゲームですが、今ではアジアを中心に人気があるカジノ カードゲームの一つです。どんなゲームかというのを説明します。バカラは仮想のプレーヤーとディーラーのどちらが勝つのかを予想するゲームですが、タイガードラゴンはディーラーとプレーヤーがタイガーとドラゴンになり、タイガーとドラゴンのどちらが勝つのかを予想します。ほとんどバカラと同じですよね。バカラと違う点としては、追加のカードがないことと、カードの配布から処理まですべてディーラーが行う点が違います。2枚のカードを配って、めくって、すぐに勝負がわかるので、バカラに比べてすぐに勝負が決まります。勝負の決め方としては、Aが一番弱く、Kが最強です。まあ、数字のままで考えればいいということですね。ちなみに次に紹介するカジノウォーはほとんど同じゲームですが、カジノウォーと違う点として、スーツ(柄)にも強さがある点です。サクサク勝負をしたい、簡単にわかる遊びがしたいという方はぜひ遊んでみてください。

カジノゲームの種類:カードゲーム – カジノウォー

カジノウォーは、1990年代にアメリカで生まれた新しいゲームです。オンラインカジノでもランドカジノでもカジノ カードゲームの一つとして人気があります。カジノウォーはタイガードラゴンとほぼ同じです。2枚のカードをプレーヤーとディーラーに配り、その数字が強い方が勝つというシンプルなゲームです。カジノウォーのルールはカジノゲームのタイガードラゴンとは違い、Aが一番強く、2が最弱です。またスーツ(柄)も強弱はありません。同じ数字の場合は引き分けになります。この時にプレーヤーはサレンダーといって賭け金の半分を支払うか、ウォーを宣言して賭け金と同じ金額をかけてさらに勝負するかを選択することができます。引き分けが続いてウォーを重ねていく緊張感はかなり面白いです。このカジノウォーもテーブルゲーム オンラインとして人気のあるカジノ テーブルゲームなので、ぜひ一度遊んでみてください。

カジノゲームの種類:ライブカジノ

ライブカジノはビデオやチャットを通じてリアルタイムでカメラの向こう側にいるディーラーとカジノ ゲームをプレイできるものです。オンライン ゲーム カジノの中でも最も人気のあるカジノゲームの一つです。おんらいんかじのの中では最も新しいカテゴリのカジノ ゲームです。オンラインカジノがインターネットとともに普及し始めた時はビデオスロットとかビデオポーカーが主流でした。当時はグラフィックもひどかったのですが現在は非常に高品質のカジノゲームをプレイできるようになりました。ところが結局それはCPUを相手にゲームをしているので、一人でテレビゲームをやっているのと変わらない状況になってしまい、カジノの持つ臨場感とか緊張感を味わうことができませんでした。そこで登場したのがカジノライブでした。現在はインターネット回線も高速化していて、ライブストリーミングも普通のことになったので、カジノライブをできる技術が整ったことが普及の理由だと言われていますが、海外に行く機会がなくても気軽に本場のカジノの臨場感と緊張感を味わえるというのが本当にすごかった、というのがあります。実際にプレイしてみると本当に画面の向こうに海外の美女ディーラーさんがセクシーな格好で自分とゲームをしてくれるわけで、画面を通じて直接プレイすると本当にこれまでのゲームとは全く違ってドキドキします。隣に座っている別のプレーヤーともチャットができたり、ディーラーともチャットできたりするのも臨場感が増します。興味のある方は、ぜひ実際にプレイすることをお勧めします。

Q :ルーレットに0と00があるテーブルと、0しかないテーブルがあるのですが、なぜですか?

A:レイアウトに0とか00というのがあります。緑色になっている部分ですね。奇数偶数とか赤か黒かにかけていると50%の確率で当たるのですが、この2つだけはディーラーの勝ちとなり、没収になります。もちろんこの2つにかけている場合は配当をもらうこともできます。レイアウトによっては0しかない場合があります。0しかないものは37区分(1-36 +0)となり、これをヨーロピアンスタイルと呼びます。00もあるものは38区分(1-36+0+00)となり、これをアメリカンスタイルと呼びますので、プレイする時は確認してみてください。

Q:ルーレットとか、バカラとか、2分の1で勝てるはずなのに、半分も勝てません。

A: ブラックジャックや、ルーレットのアウトラインや、バカラなどは基本的に50%の確率で勝てることになっていますが、実際はそれ以下になることが普通です。カジノにはハウスエッジと呼ばれる控除率が設定されていて、理論上は50%ではなく49%とか48%とかになります。そのため長くプレイを続ければ続けるほど大数の法則により負ける確率が高くなります。できるだけ短めのプレイを心がけましょう。

日本人が安心して遊べるオンラインカジノ、カジノシークレットをオススメする理由。

カジノシークレットはこれまでオンラインカジノ業界にはなかった新しいタイプのカジノです。カジノシークレットは2018年5月に設立された比較的新しいオンラインカジノですが、ユーザーフレンドリーなオンラインカジノを目指して、これまで他のオンラインカジノサイトで活躍していたプロたちが結集し、すでに大手のオンラインカジノの1つとして数えられています。カジノシークレットが新しいタイプのカジノとして人気を得た理由は、無条件のキャッシュバックシステムです。これまでオンラインカジノでは様々なボーナスが用意されていました。しかし、その多くが様々な条件がつけられており、自由使う事はできませんでした。カジノシークレットではこの点を大きく改善し、初回入金の50%最大$450まで無条件でキャッシュバックされるシステムを採用しています。今日入金したけど負けちゃった、と言う場合でも即時に無条件でお金が戻ってきます。しかもキャッシュで戻るので、すぐに出勤することも、もう一度勝負することも自由自在。これがカジノシークレットの秘密です。また、ライセンスはCasino Secret LTDがMalta Gaming Authorityから正式なライセンスを受けて運営しています。正式なライセンスなので、詐欺にあったり、不正なゲームが行われることもありません。さらに業界最大手のゲームプロバイダーであるNETENT, Microgamingからゲームの提供を受けており、その種類は業界最大規模の2000種類にもなります。また最近非常に人気のあるライブカジノも充実しており、カジノシークレットの満足度が非常に高いオンラインカジノサイトになっています。日本人限定のトーナメントやイベントも常時開催されていて、日本人向けのサポートも充実しており、日本人の方が安心して遊べるサイトになっているのでぜひ遊んでみてください。

結論:カジノゲームの種類は豊富。自分に合ったゲームを選ぼう。

オンライン ゲーム カジノのギャンブル 種類はたくさん用意されています。テーブルゲームからライブ会場までそれぞれ面白さがあるので、自分が好きなゲームをいろいろ試しながら見つけてプレイしてみるのをおすすめします。カジノシークレットなら、初回入金ボーナスとして負けてもキャッシュバックがあるのでこれを使っていろいろ試してみると良いでしょう。

ジャパンTOP Preview
キャッシュバック Preview
ライブカジノ Preview
スロット Preview
バックもっと
今すぐ登録して$450キャッシュバックをお受け取りください
初回入金額の半額
今すぐ登録