知らなきゃ損!?勝率に影響を及ぼすハウスエッジの存在

カジノ用語としてよく耳にするハウスエッジですが、どういう意味なのでしょうか?勝率に影響を及ぼすというのは本当なのでしょうか?カジノ側としてはあまり知られたくない部分に切り込んでみました。

カジノ用語としてよく耳にするハウスエッジですが、どういう意味なのでしょうか?勝率に影響を及ぼすというのは本当なのでしょうか?カジノ側としてはあまり知られたくない部分に切り込んでみました。

hero-hook

ウェルカムボーナス

今なら最高$450まで
出金条件なしのキャッシュバックを
お楽しみください
今すぐ登録
1
CasinoSecretに無料

で登録

2
最高$450までキャッシュバック

初回入金金額の最大50%

3
随時開催中のライブトーナメント

をお楽しみください

筆者:
高橋裕樹
ポジション:
オンラインカジノエキスパート
最終更新日:
17.11.2019

ハウスエッジ=胴元の儲け?

ハウスエッジは簡単に言うと、胴元の取り分の事です。胴元とはつまりは賭けの場所を提供している側の事です。
よく考えれば当たり前の話ですが、この胴元の存在があり、その胴元が提供しているゲームに賭けている以上、賭けた金額の100%以上がプレイヤーに還元することはありえないのです。
よくギャンブルについて、必ず胴元が勝つようになっていると言われるのも、このハウスエッジの存在があるからですね。

ハウスエッジを踏まえたうえでの対策

下記の各ゲームのハウスエッジを見る限り、キノに関しては競馬などよりも高くなっているので、プレイするとしても気分転換に楽しむ程度にしておいた方が良さそうです。
バカラは概ね勝ちやすいゲームとなっており、ブラックジャックは基本的な戦略に従ってプレイすれば1%未満と驚くほど低くなっているので、狙うべきはブラックジャック、バカラ、クラップスといったところでしょうか。

Renomierte SoftwareherstellerIcon NetEntIcon MgaIcon microIcon opgoIcon gamoSicherheit und LizenzIcon License

代表的なギャンブルのハウスエッジ

それではハウスエッジの基本的な考えが理解できたところで、日本人にとって馴染みの深い各ギャンブルのハウスエッジを見てみましょう。

  • 宝くじ    45.7%
  • スポーツくじ 49.6%
  • 競馬     25.9%
  • 競艇     25.2%
  • 競輪     25.0%
  • パチンコ   10~20%
  • 麻雀     10~15%

約半分が控除率となっている宝くじとスポーツくじは論外としても、公営ギャンブルの中で勝ちやすいとされている競艇でさえ25%もあります。
しかもこの数値は店舗の設定によって異なるパチンコや麻雀とも違い、法律で決まっている数値ですので、理論的には1000円賭ければ自動的に250円が胴元の儲けになることになります。

 

 

Blackjack Casino
今すぐ登録して$450キャッシュバックをお受け取りください
初回入金額の半額
今すぐ登録

カジノのハウスエッジ

それでは肝心なカジノのハウスエッジはどうなっているのでしょうか?
カジノのハウスエッジはゲームによって異なります。
代表的なカジノゲームのハウスエッジをご紹介しましょう。

  • バカラ      1.06~1.24%
  • ブラックジャック 0.4~0.6%
  • ルーレット    2.70~5.26%
  • スロット     1.0~5.0%
  • クラップス    1.36~1.41%
  • ビデオポーカー  0.1~5.0%
  • キノ       29%

ハウスエッジの影響をなるべく受けないようにするべきこと

まず、絶対にやってはいけないことは同じベット額を賭け続けることです。
これを、特にハウスエッジが高めに設定されているゲームやベットポジションに行ってしまうと、
確実に少しずつ資金が減っていきます。
続いては同じゲームを長時間プレイすること。ハウスエッジが存在している以上、
これを行ってしまうといずれ資金が底をつきます。
最後はある程度の資金を確保した方が良いということ。
上のゲーム別ハウスエッジのとおり、ハウスエッジが低いものほど配当率が低いものとなっています。
少ない資金ではいくらハウスエッジが低いとはいえ勝つ前に資金が無くなることがあるかもしれません。

Play Blackjack on mobile

控除率=ハウスエッジという考えは間違い?

控除率というのは、賭け金の総額と損失した金額の割合という意味になり、その逆は還元率となります。
しかし、これではカジノのハウスエッジの説明としてはちょっと違うかなと思います。
カジノでのハウスエッジの定義とは、ゲームごとのベットに対する平均的な損失の割合なのです。
つまり、ゲームをプレイしながら勝ったり負けたりすることで短期的に見ると資金をプラスにできる可能性はありますが、
プレイする回数を増やせば増やすほどハウスエッジの分だけ毎回損をする状態に限りなく近づいていくということです。
このため、カジノで勝つには勝ち逃げが鉄則です。

ハウスエッジを使う場面

さて、ハウスエッジについて理解が深まったところで、どういった場面で使えば良いのか?
答えは簡単。上でも触れたとおり、カジノでのハウスエッジとは「平均的な損失額」です。
ということは?どのくらいの損失が見込まれるのかが解っていれば、プレイするために必要な資金をどのくらい用意するべきなのかが解ります。
また、それ以上に、できる限り損失が少なく済むゲームを選んだり、賭け方をしたりということに使えます。

ハウスエッジが存在するギャンブルは必ず負ける?

結論からいうと、先ほどから何回か書いている通り、ギャンブルは胴元が(最終的には)儲かるようになっています。
それはハウスエッジが極めて低いカジノであっても同じことで、全体で見れば当然プレイヤーが負けています。
しかし、その中でもラッキーなプレイヤーは運や勘、あるいは分析で流れを読み切り数字上の確率の壁を超える場合があります。
つまり、ハウスエッジについて正しく理解をしたうえで、本来は負けるものなのだという事実を踏まえつつ、
それでもラッキーを求めることがギャンブルの正しい楽しみ方と言えるのでは無いでしょうか。

賭けてはいけないベットポジションを調べよう

ハウスエッジが低いとされているゲームでも、賭ける場所によっては
とても高いハウスエッジになっていたりする場合もあるので、注意するようにしましょう。
ここでは、カジノゲームの中でも大人気のバカラを例にしましょう。
バカラではバンカー、プレイヤーのどちらに賭けてもハウスエッジは1%台となっています。
しかし、タイなど倍率が高いポジションに賭けて一発逆転を狙うという賭け方はとても危険です。
タイのハウスエッジはなんと14.4%。ペアのハウスエッジは10.3%と恐ろしく高いものとなっています。
その分当たった時の倍率も高いのですが、確実な勝利を目指すならば避けておいた方がよさそうです。
カジノのハウスエッジは本当にわずかな金額ですが、それでも積もり積もれば結構な損失になります。
今回ご紹介したことを踏まえて、かつ、負けたときにもキャッシュバックという
画期的な方法で返金してくれるCasino Secretで賢く勝ちましょう。

カジノシークレット - オンラインカジノをプレイし、カジノシークレットの秘密を解き明かそう

カジノシークレットは公的な運用ライセンスのもと運営されている安全なカジノです。日本時間の午後4時から午前12時までは安心の日本語でのライブチャットに対応しており、メールでのお問い合わせは年中無休です。何かお困りの際はこちらの質問ページをご覧ください。
またブラックジャックバカラ、ルーレット、ライブカジノなど幅広いゲームをお楽しみいただけるほか、入金不要のボーナスを含む様々なボーナス情報提供しています。

オンラインカジノのプレイヤーによく読まれている記事を紹介:

今すぐ登録して$450キャッシュバックをお受け取りください
初回入金額の半額
今すぐ登録