オンラインカジノ違法?オンラインカジノ 法律問題について

オンラインカジノは最近流行っていてスマホでも遊べるので暇なときにもってこいの娯楽なのですが、ツイッターやあちこちの記事のコメントなどを見ていると、日本はカジノは禁止されているから違法だとか、ネットカジノで逮捕されたから危ないとか、闇カジノだとか、違法カジノだと... Show more

オンラインカジノは最近流行っていてスマホでも遊べるので暇なときにもってこいの娯楽なのですが、ツイッターやあちこちの記事のコメントなどを見ていると、日本はカジノは禁止されているから違法だとか、ネットカジノで逮捕されたから危ないとか、闇カジノだとか、違法カジノだと誤解されている方がたくさんいらっしゃるので、今日はオンラインカジノ 違法とオンラインカジノ 法律との関係について解説していきたいと思います。

Show less
hero-hook

ウェルカムボーナス

出金条件なしのキャッシュバック
今なら最高$450まで
をお楽しみください
今すぐ登録
1
CasinoSecretに無料

で登録

2
最高$450までキャッシュバック

初回入金金額の最大50%

3
随時開催中のライブトーナメント

をお楽しみください

筆者:
高橋裕樹
ポジション:
オンラインカジノエキスパート
最終更新日:
08.12.2019

色々と誤解の多い、オンラインカジノ 法律問題

実際にオンライン カジノ 違法なのでしょうか?

結論から言うと、そのカジノによります。

今すぐ登録!

理由を説明しましょう。そもそもカジノは世界的に免許制です。なぜ免許制で運営されているのかと言うと、理由は2つあります。一つは賭博という偶然の結果に左右される射倖的なものは依存性が強く、真面目に働こうという気持ちを失わせてしまったり、社会秩序や風俗が乱れやすくなることです。ギャンブル依存症とかありますよね。もう一つは反社会的組織の資金源を断つことにあります。テレビやネットで、オンラインカジノ 逮捕とか、闇カジノで摘発されたというニュースが時々流れますが、ほとんど暴力団が絡んでいるとそれだけ暴力団などの反社会的組織の資金源になりやすく、摘発しないと社会不安のタネになることが理由です。こうした理由で免許制になっているカジノを、正式な免許をとって運営する場合は、リアル店舗でもオンラインカジノでも完全に合法です。逆に免許がなければ形態が店舗でもオンラインカジノでも違法です。つまり正式に免許をとっているのかとっていないのかで決まります。

今すぐ登録して$450キャッシュバックをお受け取りください
初回入金額の半額
今すぐ登録

じゃあ日本ではオンラインカジノ違法なのか?

日本では刑法185条で「賭博及び富くじに関する罪」が規定されています。そこにはこう書かれています。

”賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。”

これは単純賭博罪と言われます。ちなみに何度も賭博をする場合を常習賭博罪といい、刑法186条1項でさらに重い罪が規定されているので、裁かれないように気をつけましょう。
賭博というのはみなさんが想像するギャンブルとか博打のことで、お金を賭けてゲームをすることだと考えてもらえれば大丈夫です。つまり、オンライン カジノ 法律的に考えると、日本でギャンブルを実施することは原則的に違法です。カジノも賭博もできません。もちろんオンラインカジノ 違法です。例外として宝くじやパチンコがありますので、そちらは別項目で説明します。
ただし、注意していただきたいのは、すべて日本で実施した場合です。と言うのはこの単純賭博罪は186条2項に規定する賭博場開張図利罪とセットになるのが通常です。賭博場開張図利罪というのは、カジノを開く主催者を対象にしています。法律上この胴元が処罰されない限り、利用者だけが処罰されることはないという、必要的共犯と呼ばれる形態をとっています。胴元が合法でプレーヤーが違法という事態が想定できないためです。

オンラインカジノ違法性が争われた3つの事案

この点が争われた実際にあったオンラインカジノ 逮捕事件が3つあります。

NetBanQ事件(2016年2月)

千葉県警サイバー犯罪対策課が海外のカジノサイトで遊んだことを理由に常習賭博罪容疑で5人の男の関与を疑い逮捕した事件です。この事件では胴元の主催者、遊んでいたプレイヤーを逮捕しました。ただ、NetBanQは海外のカジノサイトに接続してゲームをプレイさせていて、決済部分だけを行なっていたことから、はたして胴元と言えるのかという点が議論になりました。

スマートライブ事件(2016年3月)

海外のインターネットのカジノで賭博をしたとして、京都府警が単純賭博罪で3人のプレイヤーを逮捕した事件。そのうち一人が不服として裁判で争う姿勢を見せたところ、検察が不起訴処分としました。この事件をきっかけに海外のオンラインサイトで遊ぶプレーヤーが逮捕されたというニュースが聞かれなくなりました。これは検察が海外のオンラインカジノで遊ぶ行為を違法として立件できないと判断したといえます。詳細は担当した津田岳宏弁護士のブログに掲載されていますので、興味のある方はそちらを見てください。

ドリームカジノ事件(2016年6月)

京都府警が常習賭博罪で大阪市中央区本町橋の会社役員5人を逮捕した事件。天王寺区に事務所を設けてカジノを運営した運営者を逮捕した初めての事案です。海外のカジノサイトで遊んでいて逮捕されたということですが、実際はそのサイトはかなり日本人に特化していました。ライセンスこそキュラソーでしたが、日本人のディーラーが担当したりしていたようにほぼ日本人向けのサイトになっていて、国内でやっているのと同じじゃないかということで常習賭博罪が適用されました。

違法カジノ とは

闇カジノ、違法 カジノ とは、こうした反社会組織が免許なしで運営するカジノのことです。

こうした違法カジノには大きく分けて2種類あります。
一つは本カジと呼ばれるもので、繁華街の雑居ビルの1室にカジノの施設を持ち込んで、違法カジノを運営するものです。こうした闇カジノは新宿、錦糸町、池袋などで運営していることが多いそうです。中にはそのカジノが設置されている階だけにはエレベーターが止まらない仕組みになっているものもあるそうです。
もう一つはインターネットカジノ、通称インカジと呼ばれるものです。こちらも繁華街の1室で運営する形ですが、外見はインターネットカフェとして運営しています。看板もインターネットカフェですが、その場所に行くとゲームセンターのようにPCが並べて置いてあり、そのPCでカジノゲームを客に遊んでもらうようになっています。店に入ると店独自のポイントと現金を交換し、そのポイントをカジノゲームに賭けて遊びます。買ったらそのポイントを現金に換えることができます。
ゲームを遊ぶだけだったらカジノの台を設置しようが構わないのですが、現金と交換できるところが「賭博」に該当して賭博罪が適用され、違法となります。

今すぐ登録!
簡単3ステップ!カジノシークレット でブラックジャックを始めるまでの流れ

わずか数分で完了しちゃう。カジノシークレット を始めるとっても簡単な3ステップ

 

ここではカジノシークレットの登録方法、プレイまでの手順を3ステップで説明します。

 

 

1.
アカウントの登録
まずはアカウントを登録しましょう。ウェブサイトの「ここから登録」というボタンをクリックすると登録画面に移りますので、名前、住所などの情報を登録しましょう。登録が終わったら確認のメールが届くのでメール内の確認用のURLをクリックしましょう。
2.
資金を送金する
アカウントの登録が終わったら、資金を送金しましょう。クレジットカード、デビットカードなら「PassNGo」をクリックして金額を決めてカード情報を入力するだけですぐに送金が完了します。
3.
カジノで遊ぶ
さあ、準備が整いました。カジノシークレット のウェブサイトにログインして好きなカジノゲームを楽しみましょう。負けても賭け金の最大50%、$70まで無条件に戻ってくるので思い切って楽しんでみましょう。損をしないことがわかっていれば心配することなく遊べますよね。

ご存知ですか?違法パチスロ

パチンコやパチスロはあちこちにあるので皆さん安心して遊んでいると思いますが、実は違法パチスロもあるので気をつけましょう。違法パチスロは主に歌舞伎町や錦糸町などの繁華街にあることが多く、普通の人はどこにあるのかわからない場所にあります。何が違法なのかというと、パチンコは射幸心を煽らないように規制を変更させていて、現在流通している5号機はかなり射幸心を煽らず、勝つのに時間がかかる仕組みになっています。違法パチスロはこの規制変更前の4号機を使用していて万枚オーバーも狙える「大花火」、「北斗の拳」、「アラジンA」、「吉宗」などを備え付けていて、通常二十円のメダルを四十円に設定するなどして、1日100万円も可能でたくさんの人が中毒になるそうです。みなさんは近寄らないように気をつけましょう。

オンラインカジノ 違法なんて心配なし。正式ライセンスを持つ安心のカジノ、それがカジノシークレット

カジノシークレット は、オンラインカジノで活躍していたプロフェッショナルが、これまでにないユーザーフレンドリーなカジノを目指して2018年12月にオープンした、新しいタイプのカジノです。マルタ共和国から正式にカジノのライセンスを取得MGA/B2C/259/2014(2018年8月1日発行)いるか、オンラインカジノ違法なんで心配しなくても大丈夫。運営はMalta Gaming Authorityの規制に従って、ライセンスを保有するCasino Secret LTD(会社登録番号C86426)が運営するから、大丈夫。ネットカジノがはじめてでわからない人でも、とっても簡単に登録してゲームを始めることができるから大丈夫。しかも他にはないインスタントキャッシュバックシステムを採用しているから、ゲームで負けても賭け金の50%、最大450ドルまですぐに無条件でキャッシュバックされるから、負けることを気にしなくても大丈夫。わからないことがあれば、24時間日本語対応のサポートに連絡できるから、英語を怖がらなくても大丈夫。これがカジノシークレット の「秘密」です。

今すぐ登録!

Q :なぜパチンコ 賭博罪にならないの?

A: 賭博が現金と交換できるとなると、景品を現金に交換できるパチンコはなぜ合法なのかと思うかもしれません。結論からいうと合法です。パチンコは、玉を購入してパチンコ台で遊び、勝ったら景品と交換する遊びであり、現金と交換するわけではないからです。実際はパチンコやのすぐそばに景品交換所があり、そこで景品と現金を交換するというパチンコ店・景品交換所・景品問屋の3点方式という方法をとっていて、直接現金を店内で交換しているわけではないので、賭博には当たらないとされています。まあ常識的に見ればどうみても最終的に現金と交換しているわけで、賭博に当たりそうですが、これが政府や法律の公式見解となっています。

Q:オンラインカジノ は 逮捕されないの?

A: 上のNetBanQ事件以後、検察が不起訴処分にしてからは海外で正式な免許を取得して運営しているオンラインカジノで遊んでいるプレーヤーが逮捕された事案はありません。オンラインカジノで遊ぶ際は、ライセンスの発行場所、監査機関などを確認すると良いでしょう。

結論:オンラインカジノ 違法ではないが、注意して遊びましょう。

カジノは基本的に免許制で、その国からライセンスを受けて運営されています。これはリアルカジノもオンラインカジノも変わりません。ネットカジノ  違法で遊ぶのは違法なのでオンラインカジノで遊ぶ前には、ネットカジノ 違法ではなく正式にライセンスを取得しているかどうかを確かめることお勧めします。ほとんどのカジノはライセンスの情報が掲載されているのでそれを確かめると良いでしょう。こうした海外で正式にライセンスを受けているカジノで遊ぶことで逮捕されることはなさそうです。

今すぐ登録して$450キャッシュバックをお受け取りください
初回入金額の半額
今すぐ登録